正月の料理-通販・予約ランキングで人気のお取り寄せまとめ

お正月のお料理

?お雑煮
お雑煮は正月3が日にいただくごちそうです。
もともとは神様にお供えしたものをみんなで分け合ってたべるという風習からはじまったものだそうです。
お雑煮は地域によっていろんな食べ方ありますね。
関東はすまし汁、関西は味噌雑煮、京都は白味噌ですね。
金沢のお雑煮は切り餅に花鰹などです。
また、お餅の形にも地域の違いがあり、関東は角餅、関西は丸餅が一般的ですね。

 

祝い箸
新年の食事にぜひ揃えたいのが祝い箸です。
折れにくい柳の木で作られた、両端が細く、真ん中が太い箸です。
この箸に関しても、諸説ありますが、両端が細いのは、片方を神様が、片方を人が使ってともに食事をするという意味があるそうです。
箸袋には家族それぞれの名前を書いて、新しい一年の幸せと長寿を祈ります。

 

おとそ
おとそは長生きを祈る意味があります。邪気を払い一年を健康に過ごすという意味もあります。
うちの家では日本酒を飲んでるんですが、正式には生薬を配合をした、薬酒を飲むんですね。お屠蘇は日本酒のことだと思ってる人も多いんじゃないでしょうか。屠蘇散(とそさん)という漢方薬をお酒にひたしてしたものがお屠蘇だそうです。この屠蘇散には、山椒(さんしょ)、肉桂皮(にくけいひ)、桔梗(ききょう)、白朮(びゃくじゅつ)、防風(ぼうふう)、蜜柑皮(みかんぴ)などの生薬が含まれています。
飲み方にも若い人から順に飲むとか、いろんなしきたりがあるようです。
お正月のおとそは、おせち料理を食べる前に飲みます。

 

おせち料理
おせちの漢字表記はお節ですが、これは節供(せっく)というならわしからきているようです。お供えものを捧げて、神様と人が一緒に食事をすること。これが節供で、節供料理です。節供料理の中でも特にお正月に食べるのがおせち料理と呼ばれるようになったそうです。

 

三つ肴
おせちに欠かせない食材、関東では、黒豆、田作り、数の子。関西では、黒豆、数の子、たたきゴボウ。この三つのことをとくに三つ肴と呼びます。
これらは、健康、長生き、豊作、子宝といった、人間が生きていくうえで大事なことについての願いを表す意味があります。