伊勢丹のおせち-おせち通販!予約ランキングで人気のお店をまとめてます。

伊勢丹のおせちは今年も人気です。

2017年分は、2016年10月5日(水)より予約開始です!お楽しみに!

 

伊勢丹おせち 2016年注目のおせち

<銀座/六雁>七段重
おせち料理の原点を今に伝える純白に輝く七段重。
神様に献上する「神饌」に因み、有田焼作家の寺内氏に白無地の磁器製七段重の制作を依頼。上から四段は、ハレの日にふさわしい丸と四方の取り皿を組み合わせた折敷膳を4人分詰め、下三段には新年に相応しい生命力に溢れたおせちを、モダンに美しく盛合せました。
年神様にお供えした神饌のお下がりを直会としていただく神人共食が、おせちのルーツ。昔ながらのしきたりを踏まえ、今年1年の家族の無事を願い、幸せを祈念しながら一品一品大切に、心を込めて作りました。
純白のお重は、親戚の集まりやパーティなどにもご活用ください。

 

<赤坂/赤坂璃宮>日本の宝石箱 中華おせち
お楽しみがぎっしり。おいしさきらめく日本の食材の宝石箱。今年のテーマは“Japan”。
素材の産地にこだわり、そのすばらしさ、日本と中国の多様性をアピールしたいと考えました。焼き物や海鮮料理をはじめ、「赤坂璃宮」ならではの本格的な広東料理を彩り豊かに展開します。
まるで玉手箱のようなお重は、中国文化の影響を色濃く受けた京都御所・承明門の建築様式をイメージしたもの。
朱はまた「赤坂璃宮」カラーでもあり、素材や内箱にもこだわり工夫を凝らしています。お正月が明けたら、ジュエリーボックスやコスメボックスとしてもお使いください。使い勝手がいいように仕切りの大きさや長さも配慮してあります。

 

<有明/中村孝明>絆 三段重
和食の伝統と基本技術を忠実に受け継ぎながら、新しい日本料理を提案する和の鉄人、中村孝明。麗しい桜の蒔絵の重箱は職人がひとつひとつ心を込め、手書きで仕上げた特注の品。
今と昔をつなぐ「絆」をテーマに驚きのある食材を盛り込み、祝いの席に華を添えます。
師匠と愛弟子の饗宴による「伝統と創造」進化する和食のかたち。
壱の重「一期一会」
弐の重「五味五感」
参の重「温故知新」
と、各お重ごとに異なるテーマで作りこまれたお料理を楽しんでいただけます。

 

<自由が丘/あえん>ひさご 二段重
国産の山海素材で作る、やさしい味。
3000軒を超える協力農家の野菜をはじめ、国産素材を中心に、薄味に、多彩に仕上げました。
人と人の絆を太くしてくれる「つながるおせち」。李荘窯・寺内氏が作る有田焼の瓢箪型のお重におせちを詰めました。
伊勢丹で人気の和洋中の名店が、オリジナリティあふれるおせちを同じお重に詰めており、少人数さま用なのでご家族それぞれがお好みでおせちをお選びいただけます。更にそれを自由に組み合わせ、器を井桁のように組めば、「わが家ならではのお重」で華やかに食卓を演出できます。
おせちのあとは、一人用の器やお弁当箱、小物入れなどにご活用ください。